美容皮膚科の名医がコンプレックス除去します|美肌は作れる

  1. ホーム
  2. 費用の負担を計算

費用の負担を計算

カウンセリング

保険適用が無いことがある

歯科では銀歯ではなく見た目が白いセラミックを虫歯の跡に埋める施術がありますが、これは保険が適用されません。同じ施術なのに銀歯には保険適用が行なわれるのとは正反対だといえます。これはなぜかというと、見た目に関する治療だからです。美容皮膚科でも同じく、生活の向上に関する治療だとみなされるものは、自由診療となることが多いのです。そのため通常の皮膚科での治療よりも、美容皮膚科の治療は自己負担する額が増えるといえます。だからといって受けないのではもったいないです。ニキビや赤ら顔といった、コンプレックスにもなるような悩みは、放置していたら精神面にも悪影響を与えてしまいます。シミや脱毛は簡単に除去できることもありますので、費用面でも負担は大きくありません。美容皮膚科のような予防治療は保険が適用されないことがありますが、問題が大きくなる前に対策することは大切なことです。

施術内容を確認する

しかし施術内容によっては美容皮膚科における治療でも保険適用がされる場合があります。どんなものかというと、ほくろの除去手術や、わきが手術です。ほくろ除去が美容皮膚科で保険適用される場合といえば、悪性腫瘍の場合です。悪性腫瘍なら通常の皮膚科でも処置できますが、美容皮膚科なら見た目も綺麗に処置してくれると期待できます。この場合、見た目を整えるとなると保険が適用されるかどうかは病院によって違いますので確認しましょう。また、悪性腫瘍でなくても、大きすぎるものなどは美容皮膚科で保険適用できる可能性も高いです。わきがも、周囲に気になるほどに臭いが影響している場合はすぐに処置した方が良いでしょう。皮膚科で治療するのが意外に思われるかもしれませんが、わきがの原因とされているアポクリン汗腺は、皮膚の下にありそれを施術することで臭いの根本原因を防ぐことができるのです。そのため皮膚科で治療を行なうことができます。このように、施術によって安くできるものもありますので、悩み別に調べた方が良いでしょう。